バランス! その2

前回のバランスの続きです。

今回は、左右のバランスです!

クロールでは、斜めの姿勢(TIスイムでは、スケーティング姿勢)である側を作り、左右に側を切り替えることで前に進みます。斜めの姿勢を安定させることで、抵抗の少ない状態を維持し、切り替えの際に得られる推進力を増やすことができます。

斜めの姿勢を安定させるためには、前後に加えて左右のバランスをとることが必要になります。上半身で左右のバランスがとれれば、キックの幅も小さくなり、抵抗がより少なくなります。

斜めの姿勢での、注意点は前に伸ばした手でバランスをとりましょう。前に伸ばした手の位置が、肩の延長線より中にあると左右のバランスがとれず、フラフラしてしまいます。なので、肩の延長線より手のひら一つ分外に伸ばしてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA