2ビートキックのコツ!

皆さん、2ビートキックをうまく打ててますか?

力が入ったり、打ってるのに進まない、そんな悩みを抱えてる方が多いと思います。

そこで2ビートキックを上手く打てるコツをお教えします。

2ビートキックが難しい変則的な泳ぎではなく、クロールの基本であり、2ビートキックができなければ、他のキックもできません。

2ビートキックをクロールで生かすために必要なのは、正しいキックの打ち方です。

水に足を入れて、ゆっくり同じスピードで動かすしと、水はやわらかい液体のままですが、動きを一瞬速くすると、抵抗が増し、水が硬くなったように感じられます。水が硬くなるから、そこを支えにすることができる。この水を硬くするためには必要な加速がスナップです。大きな力は必ずしも必要ありません。力を入れるのは一瞬でいいんです。大切なのは脚/足を柔らかくしならせること。それによって普通はとらえどころのないはずの水が一瞬固まり、支えになってくれます。

脚/足は骨と関節でできているので、柔らかくしならせるのはなかなか難しいです。スイムが苦手な人は、大きくヒザを曲げて、足をハンマーのように強く振り下ろすと思います。これでは疲れるわりに加速/スナップは生まれず、水を無駄な方向へ逃がしてしまいます。「キック=力で打つ」というイメージを持っている人が多いですが、楽で効果的なキックは力ではなく、しなやかな「スナップ」の動きから生まれます。

水を力で蹴るのではなく、水を押してすぐ戻すことで、力をあまり使わなくてもスナップのきいた動きになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA